MT4の設定と軽量化~EAの初期設定

自動売買は常に稼働させる必要があります。
PCの方はスリープモードや自動アップデートによる再起動、予期せぬ停電が懸念です。設定変更し極力止まらないよう注意してください。
VPSを使う事を推奨はしております。

MT4の準備~EAの設定まで一連の流れを載せておきます。

MT4はHFMとXMが対象になります。

MT4のインストール

各証券会社の新規登録が終わりましたらMT4のインストールを行います。

MT4は下記からインストール可能です。

HFMのMT4はこちら

XMのMT4はこちら

HFMのMT4で説明します。


ダウンロードしたら開いてください。


次へを押すとインストールが始まります。


完了を押すとMT4が立ち上がります。


サーバーは口座開設時に届いたメールに記載されていますので、選んで次へ


ログイン:口座番号
パスワード:メールに記載された番号


ログインできるとチャートが読み込まれます。
表示されている4つのチャートは×を押して削除してください。


通貨ペアを右のグレーの箇所にドロップしてください。
必要な通貨ペアがない場合は、気配値の上で右クリック→すべて表示を押すと、全通貨ペアが表示されます。


今回はXAUUSDをドロップしました。
XMの場合はGOLDになります。


次にLINEにお送りしたURLからファイルをダウンロードしてMT4に設定していきます。


MT4左上のファイル→データフォルダ→MQL4


LibrariesフォルダにMT4_Auth.ex4(紐づけファイル)をコピペしてください。


ExpertsフォルダにEAをコピペし、一度MT4の右上にある×でMT4を閉じ再起動してください。
再起動する事で設定した2つのファイルが更新されます。


次にMT4の設定を行います。
ツール→オプション


エキスパートアドバイザのタブを開き同じように☑をし、OKを押して閉じてください。


次にEAの設定をします。
ナビゲータにあるエキスパートアドバイザの+を押して展開するとEAが表示されるので、チャートへドロップしてください。


パラメータタブを開き、ご希望の設定を行ってください。


全般タブを開き☑が同じようになっているか確認してください。


最後に3点確認します。
①MT4の自動売買がON(緑)になっているか?
②チャート右上に稼働中ボタンが表示されているか?
③チャート右上のにこちゃんマークが笑っているか?

以上でMT4とEAの初期設定になります。
しばらく待つとポジションを持ち始めます。

MT4の軽量化

MT4を複数台稼働させる場合は、固まったり約定が遅くなる原因にもなりますので、必ず軽量化を行ってください。


気配値に表示されている通貨ペア一覧は、かなり重いので使っていない通貨を消します。
気配値で右クリックしすべて非表示。


現在開いているチャート以外非表示になります。


ツール→オプションへ進んでください。


サーバータブのニュースを有効にするの☑を外してください。


チャートタブの最大バーの欄を5000程度に下げておいてください。


音声タブの有効にする☑も外しておいてください。
OKを押して閉じてください。


最後にMT4の右上の×で一度閉じ、再起動してください。
これでMT4の軽量化は完了です。